赤煉瓦クリスマスコンペのアートライフスタイリスト賞受賞者発表!

1赤レンガ_

毎年、横浜赤レンガ倉庫で華やかに開催されている「Christmas Art Competition in YOKOHAMA」。

今展覧会は、雑誌社、美術企画会社と、横浜ウォーカーとの共同企画で、クリスマスシーズンに行われており、多くの一般来場者が訪れる美術展として、人気のイベントとなっています。

 

この展覧会の趣旨は、まさにALSAの趣旨と同様「多くの方々に、身近にアートにふれてほしい」という趣旨で開催されています。

 

全国から、新進気鋭のアーティストが集い、大賞者には、英国での展覧会がプロデユースされるということで、一攫千金の機会を狙って出展されています。今回も会場の規模に合わせて約150点の作品が展示されていました。

 

また、審査員は、国内外の美術関係者ほか、メインを、一般来場者とし、今年は、全国のアートライフスタイリスト約25名も加わり、幅広い視点からアワードを選出していることが特徴のユニークなコンペです。

 

2会場風景

 

そして、今年も、昨年を上回る、会期中5日間で8000人という来場者数を誇りました。

こんなに来場者が見込める美術展ってなかなかありませんよね。

 

ですので、毎度、審査の集計に莫大な時間と手間がかかっているようで・・・喜ばしいことです。

 

なぜ、毎回、こんなに来場者が訪れるのでしょう。

 

横浜ウォーカーの12月号に告知ページが紹介されただけで、ほとんど広告費用はかけられていません。

 

来場者のほとんどが、アートには関心はあるけど、普段アートにふれる機会が少ない人たち。

通りすがりのカップルだっています。

 

有名な作品が展示されているわけでもない。

有名なキュレーターが企画したわけでもない。

 

入場料無料。立地がいい。イベントシーズン。ということは今展のような趣旨の仕込では当然の集客戦略ではありますが・・・。

 

ひとつには、「誰でもピカソ」ではないですが、「誰でも審査員」になれて、アーティストをプロデユースする立場になれるという体験の面白さに集まってきて頂いているのだと思います。

 

3審査風景

 

審査をするという体験から、自分が選ぶいいアートとは?という課題と真摯に向き合う機会を得ることができます。

自分の嗜好性で作品を選ぶ方、このご時世に合わせて作品を選ぶ方、おそらくこの作品が大賞になるであろうという視点で作品を選ぶ方、様々です。

そして、審査をするという任務があることにより、たくさんの作品を1点1点じっくりみます。そしてだんだんと、作品を見る視点が養われていく自分にも気づくことができます。

 

今回参加頂いたアートライフスタイリストのメンバーの方には、特に表参道でのアートフェアをみた後での審査体験をしていただいたことで、”アートをみる”という視点において、様々な気づきを得られたことと思います。

 

通常のアートフェアや美術展との違い。

 

出展にあたるジャッジがあるわけでもなく、ギャラリストやキュレーターの目利きがされているわけでない作品がどのようなものか実感頂けたと思います。

 

最も大きな違いは、良くも悪くも、アーティストが自ら楽しんで制作されていて、販売目線でつくられていない純粋な作品が多かったことではないでしょうか。

 

では、アートライフスタイリストが選んだ作品をご紹介いたします。

やはり、票が集中していました。一般のお客様の家庭に受け入れてもらいやすい作品をよくご存知のようです。

 

 

澵井 美咲 澵井 美咲【12月の物語】

北嶋 勇佑 北嶋 勇佑【みなと】

白田 知恵子  白田 知恵子【脈々と】

中村 成一  中村 成一【宙華】

田島 智子  田島 智子【メタルタペストリー ~今この瞬間~】

竹ヶ原 麻希  竹ヶ原 麻希【123】

石川 マリエ  石川 マリエ【Lepont de Noël】

 朱 ミズキ 朱 ミズキ【ema】

 

さて、いよいよ、アートライフスタイリスト賞の発表です!

じゃ~~ん!

北嶋 勇佑

タイトル:みなと(木版とモノタイプの混合技法)¥100,000

 

以下、アートライフスタイリストによる審査コメントをまとめてみました。

色の境界がはっきりしていて心地いい。

空間の美しさ。

版画ならではの立体感。ゴッホのようなうねうねの部分。

カラフルなところがいい。

単純にかっこいい。横浜っぽくていい。

白地の大胆さにぐっときました。

シンプルで主張がなく好きです。シンプルすぎるところがいい。

わかりやすい。

現代の版画っぽい。

平和な世の中のイメージが伝わって好き。

シンプル&シンボリック

好きな船の形に似ていて、あえて水面を描かずに、水面のきらめきのみを描いた想像力のある作品だと思いました。

色有、余白の雰囲気が想像力をかきたてる。

独創性が好き。

 

北嶋勇佑さんのHPです。ほかの作品も素敵!是非ごらんください。

http://y-kitajima.wixsite.com/artworks

  

 

ただ今、アートのある暮らし協会本部サロンのロビーにて、アートライフスタイリストが選んだ推薦アーティストの作品を展示販売しています。

近くにいらした際には是非ご覧くださいませ。

また、メルマガなどでご紹介していきますね。

今日もアートな1日を!

—————————————————————————-

【ALSAサポーター募集中!!(メルマガ会員)】

対象:「アートのある暮らし」にご興味のある方(どなたでもOK)

一緒にアートのある暮らしを楽しむひとの輪をひろげていきませんか!?
本HPからメルマガ登録をしていただきますと、アートライフに関するイベントのご案内や役立つ情報などを配信いたします!(メルマガ購読にあたり、本協会が主催する講座の受講の有無は問いません)

ALSAサポーターを是非ご紹介ください!ALSAサポーター(メルマガ会員)登録はこちらhttp://artlifestyling.com/mailmag/

———————————————————————————————

■発行責任者

一般社団法人アートのある暮らし協会 代表理事 枝澤佳世

プロフィール→http://artlifestyling.com/artlifestyling/message/

facebook https://www.facebook.com/kayoedazawa

——————————————————————————————

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コラム月別記事一覧