新着情報

新着情報

official blog
2014.10.23 更新

【終了報告】10/19・20 京都でアートを学ぼう!京都特別研修

10/19~20の2日間にわたり、アートライフスタイリスト・マスター第一期生になる方々の初顔合わせとなる京都特別研修を行いました。

第一期生の多くは、インテリアや建築関係の仕事をされている方々。

この研修のために、全国から集まっていただきました!

 

「アートライフスタイリスト・マスター」短期養成講座は、ただ資格をとるための講座ではなく、仕事として活動して頂くための講座。したがって、実際の現場を体験することが何より大事!!ということで、アートの現場のプロフェッショナルに学び、アートの現場に足を運び、、、とてもハードな、アート漬けの2日間となりました。

 

2日間で様々なプログラムを行いましたので、少しずつご報告します!

 

 

≪10/19(日) 1日目≫

■ギャラリーガイドトーク  ゲスト:アレクサンドル=モベール(フランス人ビジュアルアーティスト)

【終了報告】10/19・20 京都でアートを学ぼう!京都特別研修
【終了報告】10/19・20 京都でアートを学ぼう!京都特別研修 上:アレクサンドル=モベール氏(ご自身の映像作品の前で)
下:アレクサンドル=モベール氏による作品解説(ホテルアンテルーム京都 館内にて)

 

フランスのビジュアルアーティスト、アレクサンドル=モベール展。

研修会場となったホテルアンテルーム京都の館内で開催されている、森美術館キュレーターの椿玲子氏による企画展を、アーティストご本人の解説とともに鑑賞しました。

日本の歴史を学び作品化することに挑戦するアーティストと触れ合う機会、そして少し難解な企画展の鑑賞方法を学ぶことができました。

 

(受講生からの感想)

「複数の媒体で表現する手法をもつアーティストの作品を一度に見れたことが、とても新鮮でした!Y.M」 

「海外からの若手のアーティストが、日本古来の素材を使って作品づくりをしていることに驚きと嬉しさを感じました!様々な地域、国境を越えて、アートと共に発展、進化したくさんの人が幸せになれるよう願ってやみません。Y.K」

 アレックス

 

 

■アートライフトークショー 美人-BITO-JAPAN 
  講師:長谷川祐子(東京都現代美術館チーフ・キュレーター)
「アートの現場のプロに学ぶ、アートライフの楽しみ方」

【終了報告】10/19・20 京都でアートを学ぼう!京都特別研修
【終了報告】10/19・20 京都でアートを学ぼう!京都特別研修 長谷川祐子先生によるトークショー(ホテルアンテルーム京都 1Fレストランにて)

 

10/16~19で同時開催していた「京都国際映画祭-映画もアートもその他もぜんぶ-」の関連イベントとして開催した、東京都現代美術館チーフ・キュレーターの長谷川祐子先生によるトークショー。

とてもわかりやすく噛み砕いていただいた作品の解説により、各作品の魅力に惹きこまれ、まるで美術館の中で色んなアートを見ている気持ちになりました。
あえて、暮らしに近い目線からキュレーション術を教えて頂き、受講者にとっても、かなり貴重な学びがたくさんあったようです。

多くの受講者が、すごく勉強になった!!と感動させられた長谷川先生のトークショーでした。

 

「アーティストの作品に依存するのではなく、作品をどう見せていくかということが大切であり、実際に行動してみることで、生まれることがあることを学びました。M.H」

「よい作品はいつもフレッシュな気持ちになる。とおっしゃっていたことが、今回の研修で、参加者全員体験できたのではないでしょうか?H.K」

「作品の魅力をいかにお客様に伝えるか?コンセプト、プレゼンテーションの仕方を学ぶよい機会を頂きました」

 hasegawa2

 

 

 

≪10/20(月) 2日目≫

■彫刻家・名和晃平氏のスタジオ SANDWICH 見学

【終了報告】10/19・20 京都でアートを学ぼう!京都特別研修 SANDWICH 外観
【終了報告】10/19・20 京都でアートを学ぼう!京都特別研修 SANDWICH内の様子

 

SANDWICH」は京都市伏見区の宇治川沿いにあるサンドイッチ工場跡をリノベーションすることで生まれた創作のためのプラットフォーム。

いま最も勢いのあるアーティストの一人、彫刻家の名和晃平氏を中心としたアーティストやデザイナー、建築家など様々なジャンルのクリエイターが集い、 活発なコラボレーションを展開している場所として、とても注目を集めています。

そんな、普段は一般公開していないSANDWICHを、特別に見学させていただきました。
作品が創られる様子を間近で見られた今回のサンドイッチ見学、やはり大好評でした!!

 

「なんといってもサンドイッチ見学は、感激でした!S.M」

「すごく刺激的でした!K.A 」

「あの空間に圧倒させられました。」

「名和さんの作品を間近に見られて感動でした!K.K」

「サンドイッチからバスへ帰る道中のメンバーの表情と声がとてもはずんでいたのが印象的でした!」

 sandwich00

 

 

■現代アートコレクターおかけんたさんと行く ギャラリーツアー
児玉画廊イムラアートギャラリーMORI YU GALLERYeN arts

【終了報告】10/19・20 京都でアートを学ぼう!京都特別研修 児玉画廊 竹村文宏「Factory」 2014年10月18日 - 11月22日
【終了報告】10/19・20 京都でアートを学ぼう!京都特別研修 イムラアートギャラリー 染谷聡 個展「咀嚼する加飾Ⅱ」 2014年10月18日(土)〜11月8日(土)
【終了報告】10/19・20 京都でアートを学ぼう!京都特別研修 MORI YU GALLERY [Nuit Blanche - CHAOS AND COSMOS -] 出展作家:黒田アキ、近藤髙弘、アレクサンドル・モベール 2014/10/04[土] - 2014/11/01[土]
【終了報告】10/19・20 京都でアートを学ぼう!京都特別研修 eN arts 田中真吾個展 「す  あ。 ラ   火  一  見   極」 2014.10.03(金)-10.31(金)

 

天気が不安定な中でしたが、京都市内の4つのギャラリーを巡りました。

ギャラリストやアーティストから、あえて私たちに現場の厳しいお話もしていただき、熱意なども感じることができ、大変いい勉強になりました。
イムラアートギャラリー、eN artsでは、個展開催中のアーティストから直々にお話を聞くことができ、アーティストのファンになった方も多いようでした。

また、休廊日にもかかわらずツアーのためにギャラリーを開けてくださったギャラリーのみなさまには心より感謝申し上げます。

 

「アーティスト本人からお話が聞けたのは理解が深まりとても良かったです。私自身、買ってしまいそうでした~。Y.S」

「オーナーさんやアーティストからじかに話を聞けたことはありがたかったです。日頃はなかなか聞きづらいのでT.S」

「ギャラリーとの信頼関係の重要性にあらためて気づかされましたH.K」

「田中真吾さんの作品は、インテリア空間のイメージが湧きやすく、空間を美しく見せる作品だなと思いました。自然素材の融合する作品に興味を惹かれました。M.H」

「ギャラリーで作品をみるのと、美術館で鑑賞するのでは全く違うと改めて実感しましたY.T」

「ギャラリーはボランティアではない。という言葉がずっしりと心に響きましたS.T」

 「アートの見方が変わりました!C.K」

 

 

■現代美術コレクター、おかけんたさんから学ぶ!

【終了報告】10/19・20 京都でアートを学ぼう!京都特別研修 ギャラリーツアー出発前の、おかけんたさんによるアートトーク(ホテルアンテルーム京都 1Fレストランにて)

 

吉本芸人でありながら、現代美術のコレクターでもある、おかけんたさん。
午後からのギャラリーツアーは、けんたさんにナビゲートしていただきました!

プレゼン力、話術により、作品の魅力が全く変わってくることを実感させられました。
「伝える」ことの大切さについて、考えらせられた方が多かったようです。

そして、受講生のみなさん、けんたさんの言葉にはどれだけ励まされたことでしょう。

けんたさん、またよろしくお願いします!! 

 

「おかさんの知識の深さには驚きました。知識は勉強だけで身につくものではく、日々身近に感じて吸収していくことだと実感しました。K.I」

「アートとインテリアを混在してはダメなのか?アートを簡単に語ってはダメなのか?買えないならギャラリーに入ってはダメなのか?と感じていましたが、けんたさんの話から、やはり、アートは、生活の中に取り入れて活きるものだと思えるようになりました。アートを特別なものにするのではなく、尊重しつつも、生活の中に取り入れることが協会の役割になると嬉しいです。W.O」

 おかけんた

 

 

■ホテルアンテルーム京都から学ぶキュレーション 講師:上田聖子さん

【終了報告】10/19・20 京都でアートを学ぼう!京都特別研修 ホテルアンテルーム京都「ギャラリー9.5」のキュレーター上田聖子さんによるレクチャー。(ホテルアンテルーム京都 1Fレストランにて)

 

日頃からアート情報にアンテナをたて、企画展などを開催しながらアーティストを発掘している「Artist・Run・Space」を実施するアンテルーム

定期的にホテル館内のアートのテイストを変えることで、マーケットの拡大、リピート率の向上を図るなど、アートを活用してのホテルの経営効果を図っていることが興味深かったですね。

 

 「上田さんに伺ったとおり、作品が変わるとイメージがガラッと変わるということを宿泊体験から実感することができました。H.K」

 anteroom

■全体を通してのご感想

 

「二日間の研修は、とても興味深く、どんどんアートをみることに魅力を感じ引き込まれる時間でした。K.A」

「盛りだくさんのアート漬けの2日間でした。大変有意義で貴重な機会を与えて頂き本当に感謝しています。N.D」

「アートをどのように選んだらよいかが、わかりました!Y.K」

「京都という街が伝統とアートを大切に世界に発信している状況がとても素晴らしく、心から感動しました。Y.K」

「長谷川先生や、おかさんから、アートを扱うお仕事をしていく上でのトークのヒントをいっぱい頂き感動すら覚えました。濃密な時間を過ごさせて頂きました。C.N」

「アートを扱わせて頂くには、作家のコンセプトや歴史を知り、それを理解する努力が必要。真摯な態度で向かうことを心掛け、アートを含んだコーディネートの提案につなげたいです。Y.S」

「一流の作品って?自分の感性?などがわからないのが恥ずかしいのではなく、そこからインスパイアされることが重要だとわかりました。M.M」

「施主様への提案にどのように生かすか課題は多いことを改めて考えさせられました。W.T」

「まずは、自分でアートを生活に取り入れたいと思いました。A.F」

「これだけアートに触れると、なぜうちにはアートがないのだろう?と思いました。自分が好きな作品に出会える日を楽しみにしたいです。M.U」

「みる人にどのように伝えるか、言葉を開いて、別の言葉でわかりやすく表現する、知識、プレゼン能力の必要性にあらためて気づきました。R.F」

「アーティスト本人からコンセプトや過程への思い、などを聞くことができ、アーティスト本人と語り合えるチャンスは貴重でした。ありがとうございます。H.K」

「自分の目でみることの大切さをあらためて実感しました。また、自分で勝手にみて感じろと言われるより、解説があることで、感動ははるかに違うと感じ、言葉の重要性をあらためて感じました。S.T」

 

どっぷりアート漬けの、濃い2日間。

受講生の皆様、大変お疲れさまでした!!