インタビュー・コラム

case/ARTLIFE 実例集

[オフィス編]

【番外編】美人画の巨匠・伊東深水作品が並ぶ、朝丘雪路さんの事務所

【番外編】美人画の巨匠・伊東深水作品が並ぶ、朝丘雪路さんの事務所

 

今年の3月に兵庫県立美術館で開催したアートライフトークショー「ART LIFE STYLE TALK SHOW  美人-Bito-Japan」に特別ゲストとしてご出演いただいた、女優の朝丘雪路さん

トークショーの前、銀座の事務所に取材に伺ったのですが、そこにはとても素敵な作品が飾られていました。

 

雪路さんは、日本舞踊を現代感覚で踊るというまったく新しい発想の「深水流」のお家元でもあり、銀座の事務所は、深水流の日本舞踊教室も兼ねています。 

 

そんな雪路さんのお父様は、美人画の巨匠と呼ばれる伊東深水氏(1898-1972)。

その事務所・お教室に飾られていたのは、お父様が描かれた、すばらしい美人画の数々でした。

 

 

【番外編】美人画の巨匠・伊東深水作品が並ぶ、朝丘雪路さんの事務所

 

 

まず玄関を入ると、すぐにリトグラフの作品。

とても静かで落ちついた雰囲気がただよいます。

来る人を温かく出迎えてくれているようでした。

【番外編】美人画の巨匠・伊東深水作品が並ぶ、朝丘雪路さんの事務所

 

打ち合わせスペースに飾られていたのは、貴重なデッサン。

繊細でやわらかな筆遣いまで感じられて、思わず見入ってしまいます。

着物の模様や色合わせがとてもビビットで素敵。

(見にくかったらすみません・・・水色と赤がきれいです!)

【番外編】美人画の巨匠・伊東深水作品が並ぶ、朝丘雪路さんの事務所

 

奥の間には、色使いのとても美しい、雪景色を眺める女性の美人画。

外を眺める女性の視線や仕草・・・

伊東深水の描く女性は、すべてが本当に美しい!

和の空間にしっくりくる、とても上品な作品です。

【番外編】美人画の巨匠・伊東深水作品が並ぶ、朝丘雪路さんの事務所

 

 

稽古場の奥の間に飾られていたのは、お化粧をする女の子を描いた作品。

周囲をぱっと華やかにする、真っ赤なスカートが目を引きます。

心弾む気持ちが伝わってきて、思わず鼻歌を口ずさみたくなる、そんな1枚♪

 

事務所全体が、温かく楽しい雰囲気。

壁に何もない殺風景な空間より、そこに美しい絵があることで、ぐっと素敵な空間になっていると感じます。

 

特に、日本独自の美人画がほんとうに魅力的。

美人画のある空間というのは、あまり身近に多くはない気がしますが、とっても素敵だと再確認できました。

和の空間にしっくりと馴染み、空間に落ち着きを与えたり、華やぎをプラスしたりしてくれる、独特の存在感。

すっかり魅せられてしまいました。

 

それにしても、なんだかとても居心地が良いのは、やはりお父様が愛情のためなのかもしれません。